2015.11.22

こどものための啓発フォーラムを実施しました。
11月22日(日)、福島市のコラッセふくしまにて“チャイルドラインふくしま”主催の「子どものための啓発フォーラム」を実施しし、述べ73名の方に参加いただきました。
パート1(10時~12時)〈パネルディスカッション〉
テーマ 「子どもと性について語れていますか?~そのタイミングとポイント~」
パネリスト 野口まゆみ氏(西口クリニック婦人科院長)
若月ちよ氏(NPO法人ビーンズふくしま理事長)
西内みなみ氏(桜の聖母短期大学生活科学科教授)
パート2(13時~15時)
テーマ 「子どもが子どもらしく成長できるために
~子どもとおとなで「子どもの権利条約」を知るワークショップ~」
講 師 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
金谷直子氏・瀬角南氏
オープンで和やかな雰囲気の中に開催しました。参加者からの質疑も多く、「チャイルドライン」「チャイルドラインふくしま」「子どもの権利条約」について、参加者、地域に啓発することができたと感じています。
また、その場で直接、電話の受け手ボランティアを希望される方も居り、ふくしまの子どもの状況に感化される方も少なくなかったのではないかと思われます。
「子育てカフェ」(10時~16時)
スクールカウンセラーや看護師、先輩ママさんが常時見守っていたので、親御さんが安心して子どもを預けていました。また、子どもについて・子育てについて相談する方もいらして、様々な立場の方にご参加頂けました。
今後も地域社会へ子どもの状況と、チャイルドライン(子どもの権利条約)の理念を伝えていくために、啓発フォーラムを継続していきます。

2015.11.13

こどものための啓発フォーラムに参加しませんか
11月22日(日)コラッセふくしまにてチャイルドラインふくしま主催・子どものための啓発フォーラムを開催致します。子ども支援の国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」による「子ども本来のちからと可能性」を体感できるワークショップや、福島県での思春期の性にも言及する、家庭内での性教育~家族で性について語れていますか?を専門家から教えて頂いたり、子どもの発達障がいについての理解を深めるための講座、専門家による子育て相談室も開設したりします。
社会全体で子どもへの理解が深まると、子ども自身も大人自身もその関係の中で精神的に楽になることが実感できます。大人の方にも子どもさん両方にとっても非常に有意義な時間になると思いますので、是非大勢の方にご来場頂きたいです。
啓発フォーラムちらし
お問い合わせ
ご不明の点がございましたら、こちらまでお問い合わせください。
チャイルドラインふくしま
<TEL> 024-563-4191(平日9:00~17:00)
<FAX> 024-563-4306
<e-mail> info@cl-fukushima.org
<住所> 〒960-8034 福島県福島市置賜町1-29 佐平ビル8階