年度別発着信件数(全国)
発信件数 着信件数 着信率
2015年度 605,833件 202,727件 33.4%
2016年度 563,948件 209,153件 37.1%
2016年度も年間を通じてフリーダイヤルを実施し、全国で子どもから発信があったのは563,948件でした。そのうち着信できたのは、209,243件で着信率は37.1%でした。着信率は年々増加しているもののまだ4割に至っていません。
年度別発着信件数(福島県)
発信件数 着信件数 着信率
2011年度 4,805件 855件 17.8%
2012年度 13,569件 3,021件 22.3%
2013年度 17,975件 5,284件 29.4%
2014年度 23,070件 8,771件 38.0%
2015年度 14,467件 4,519件 31.2%
2016年度 9,013件 3,519件 39.0%
福島県からの発信件数は、2014年度がピークで23,070件、2015年度は14,467件、2016年度は9,013件と2年連続で少なくなっています。着信率は、39.0%で全国同様4割に至っていません。
発信件数が減少したのは、震災及び原発事故から6年が経過し、ようやく状況が落ち着いてきたこと、また子供たちも新しい環境に慣れてきたことなどが考えられます。
会話成立の内訳
1位 人間関係 20.5%
2位 性への興味関心等 14.1%
3位 雑 談 11.4%
4位 心に関すること 9.5%
5位 いじめ 6.1%
6位 恋 愛 5.3%
7位 身体に関すること 4.7%
8位 進路・生き方に関すること 3.3%
9位 成績・勉強 3.2%
10位 虐 待 2.6%
その他 19.3%
1位 性への興味関心等 24.5%
2位 人間関係 12.7%
3位 雑 談 12.5%
4位 心に関すること 7.6%
5位 身体に関すること 6.3%
6位 恋 愛 5.7%
7位 いじめ 5.4%
8位 進路・生き方に関すること 3.1%
9位 成績・勉強 2.9%
10位 虐 待 2.3%
その他 17.0%
1位 人間関係 30.1%
2位 心に関すること 11.9%
3位 雑 談 9.9%
4位 いじめ 6.9%
5位 恋 愛 4.9%
6位 成績・勉強 3.6%
7位 進路・生き方に関すること 3.5%
8位 虐 待 3.0%
9位 身体に関すること 2.8%
10位 性への興味関心等 1.4%
その他 22.0%
1位 人間関係 17.5%
2位 雑 談 13.3%
3位 性への興味・関心 10.0%
4位 性行動 7.4%
5位 こころに関すること 6.3%
6位 いじめ 6.1%
7位 身体に関すること 6.1%
8位 恋 愛 5.9%
9位 学びに関すること 3.0%
10位 進路・将来 2.9%
その他 21.5%
1位 性への興味・関心 17.0%
2位 雑 談 13.6%
3位 性行動 12.5%
4位 人間関係 9.2%
5位 身体に関すること 8.1%
6位 恋 愛 6.3%
7位 いじめ 5.0%
8位 こころに関すること 4.1%
9位 進路・将来 2.5%
10位 学びに関すること 2.4%
その他 19.3%
1位 人間関係 28.1%
2位 雑 談 12.8%
3位 心に関すること 9.1%
4位 いじめ 7.5%
5位 恋 愛 5.5%
6位 学びに関すること 3.8%
7位 身体に関すること 3.6%
8位 進路・将来 3.4%
9位 生き方 3.3%
10位 虐 待 2.6%
その他 20.3%
会話の内容は、全体では、「人間関係」が17.5%で最多、次いで「雑談」が13.3%でした。
男子は例年と同じく「性への興味・関心」や「性行動」「身体に関すること」が多い傾向にあります。
女子では「人間関係」が断トツで多く、男子と比べて「心に関すること」や「いじめ」の比率が高くなっているほか、「虐待」が始めて10位に入りました。
福島県 全国
1位 進路・将来・学び 20.0% 4.4%
2位 性への興味関心 16.0% 17.7%
3位 雑談 13.0% 14.7%
4位 いじめ 8.0% 5.0%
5位 人間関係 7.0% 8.4%
福島県 全国
1位 人間関係 23.0% 28.0%
2位 自傷自殺に関すること 10.0% 1.3%
3位 こころに関するこ 9.0% 7.5%
4位 妊娠・性感染症など 8.0% 1.9%
5位 いじめ 7.0% 8.2%
福島県 全国
1位 進路・将来・学び 25.0% 2.4%
2位 性への興味関心 18.0% 24.5%
3位 雑談 12.0% 14.8%
4位 人間関係 9.0% 8.5%
5位 いじめ 9.0% 4.7%
福島県 全国
1位 人間関係 29.0% 27.0%
2位 いじめ 13.0% 8.1%
3位 自傷自殺に関すること 10.0% 1.4%
4位 雑談 8.0% 14.3%
5位 こころに関すること 6.0% 7.3%
福島県 全国
1位 いじめ 18.0% 5.4%
2位 人間関係 16.0% 9.2%
3位 雑談 10.0% 11.8%
4位 性への興味関心 9.0% 16.6%
5位 進路・将来・学び 8.0% 2.2%
福島県 全国
1位 人間関係 35.0% 28.9%
2位 雑談 12.0% 12.8%
3位 進路・将来・学び 10.0% 9.8%
4位 いじめ 9.0% 8.5%
福島県 全国
1位 いじめ 29.0% 6.0%
2位 人間関係 13.0% 9.6%
3位 こころに関すること 12.0% 3.8%
4位 進路・将来・学び 10.0% 2.3%
5位 性への興味関心 6.0% 16.3%
福島県 全国
1位 人間関係 36.0% 29.0%
2位 いじめ 13.0% 8.5%
3位 進路・将来・学び 6.0% 8.3%
4位 雑談 6.0% 11.8%
<福島県の子どもたちについて>
震災、原発事故の影響と、福島県内にチャイルドラインが組織されたことで単純に発信、着信が増加。
その悩みの内容については、男子が進路・将来・生き方に関すること、女子は自殺自傷に関すること、妊娠・性感染症などが、全国に比べて高い割合になっていることが心配されます。
これらは、長引く避難生活だったり、収束していない原発事故による閉塞感など、大人や社会全体が感じている日常のマイナス感情に子どもたちが敏感に反応しているものと思われます。